2008年08月27日

親がアレルギー体質。離乳食始める前に、検査は必要?   〔離乳食〕

質問
自分がアレルギー体質なので、子どももアレルギーがでると思い、離乳食をはじめるのが怖いです。
あらかじめアレルギー検査を受けて、与えていい食品を確かめてからスタートした方がいいでしょうか。

答え
ショック症状をおこすような、酷いアレルギー体質ならば、
ご自分の心配を取り除くためにも、医師と相談してからスタートした方が、安心かもしれません。
ですが、そうではないなら、先回りして心配するより、
まず、小さじ1杯から食べさせてみてはいかがでしょうか。

アレルギー検査は、主に、皮膚テストと血液検査があり、
一般的には、血液検査が主流です。
血液検査では、アレルギー反応の元になる抗体がどれくらいあるかを調べます。
しかし、検査でかなりの抗体があると確認された食品でも、
実際に食べると、何の症状も出なかったということは、よくあります。
逆に、検査で問題ないとされた食品を与えたのに、症状がでることもあり、
実は、確実な検査というのは無いのです。

アレルギーの発症にいたるまでには、体の疲れ具合や、
心のストレス、ホルモンや自律神経の関係など、
色んな要因が絡んできます。

除去テスト、誘発テストと言って、実際に食べさせてみて、
症状が出たら、その食べ物をメモすることを繰り返し、
明らかにコレを食べたら症状が出る、ということがわかってから、除去するというやり方もありますよ。


【 関連本 】
上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
食物アレルギー診療ガイドライン(2005)
食物アレルギー除去と解除の基本


posted by まる at 00:00 | 離乳食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。