2010年06月01日

上唇小帯が長い   〔からだ・健康・病気〕

質問
上唇小帯が長いのが気になっています。

答え
上唇の裏側に、上唇小帯(じょうしんしょうたい)がありますが、
ここが長くて、悩んでらっしゃる方、最近、多いようです。

ですが、上唇小帯というのは、年齢が上がるにつれ、
だんだんと、短くなっていきます。
(気づいたら短くなっていた)と思われる方が、
殆どだと思いますよ。

歯磨きのときに、痛がることはありますか?
上唇小帯が太かったり、長かったりすると、
ブラシが当たって、痛がることがあります。
そのような場合は、ブラシが直接当たらないよう、
上唇小帯の上を、指でガードしてあげるといいですよ。

上唇小帯が、歯の間に入るくらい長いと、
発音がおかしかったり、
前歯の生え方に影響があることもあるようです。
そのような場合には、
上唇小帯を切る手術が必要になるかもしれませんので、
一度、専門医に診てもらった方がいいかもしれませんね。

>>赤ちゃんの心と体の図鑑
>>(SPB) 赤ちゃんの体の発育・発達BOOK


posted by まる at 12:15 | からだ・健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。